2015年11月25日 (水)

ソラが教えてくれたウニと栗

今日は、ソラの生物辞典からではないですが、なるほどなぁと思わず納得してしまいましたので、ウニと栗の関係について書かれてある部分を抜粋してみました。

と、言いますのも昨日ウニご飯を頂いたからなのですが、それがとても美味しかった。。ということで、こちらからの抜粋で
「ウニは岩 (のシリコン) を食べておいしい身を増やすのです。
それは岩のシリコンの原子が何とか違う原子に変わりたいと願うので、ウニが食べてあげるのです。
あのウニのトゲは栗の真似をしているのです。
栗にはイガがありますが、あれは栗の原子があのような形に変えたのです。
ウニと共になぜあのような痛いとげで周りを包んだかというと、意地悪で包んだのではありません。
表面積をできるだけ大きくするために、あのような形にしたのです。
凹凸を沢山作ることにより、広い面積から空気や海水の原子を取り入れ、おいしい栄養のあるものを作るためです。
あのおいしさは根や口から取り入れたものだけではなく、空気や海水から取り入れているのです。

そんなに苦労して美味しくなってくれてるのか!と思わず海の中のウニや山の中の栗に想いを馳せてしまいました。

画像はこちらからお借りしました。
Photo_2
                                   ウニ
Photo_3
                                  栗
よくよく見ると、そっくりな形をしていますね。
色合いも近いものがあるように思います。
今まで、こんな風に比べて見たことがなかったので、新しい発見ですね。
いや〜よくできてるなと感心してしまいます。
栗もまた美味しい季節になりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

ソラが教えてくれた柿(Kaki)

柿が美味しい季節となりました!

柿は、その土地によって、豊作と不作とが交互にくるようです。

こちらでも同じ県内でも、場所によって実がなってる木とそうではない木と分かれます。

いづれにしても柿色の綺麗な色は、栄養も満点で、これから来る冬に備えて

必要なビタミンなども多く含んでいます。

美味しいのに身体に良いと一石二鳥な果物ですね。

ということで

ここでまたソラの情報では、どのように書かれているか興味があるところです。

検索で見てみたいと思います。久しぶりなので、ドキドキしますw

と言いますのもソラの情報は、意外なことが突然、書かれていて新鮮で驚きますが、なぜか、あ、そうだったのかと妙に納得してしまいます。


また柿色はイシカミを表す色と、ありました。

こちらより抜粋させて頂きます。

http://sora.ishikami.jp/jiten_life/index.php?id=20020721142009

イシカミの形に似せて作られた。日本が原産で、色と形は地球に降りてきた時のイシカミの女王をあらわしている。

柿の学術名は「Diospyros Kaki」で「神から与えられた食べ物」


渋柿は支配星が送り込んだもので、その渋はイシカミを固めた。

それで支配星に支配された権力者は被差別部落の人たちに渋染めの着物を着させた。

網走の囚人服もイシカミを信じる人たちへの嫌がらせで柿色である。


うぉ〜神から与えられた食べ物!

そういえば、イタリアでは、柿は Kaki で 梨は Nasi ということでした。

日本の名前をそのままつけているのですね。

Dscf0728

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

ソラが教えてくれたおたまじゃくし

カエルに続いてオタマジャクシについて調べてみたいと思います。
こちらに↓
人間もこのように卵子から成長する事を知らせるために作られた。

とありました。
画像はこちら↓からお借りしました。
Yamaakaotama1




また、ソースはこちら↓からで、卵からかえって14日目のオタマジャクシを電子顕微鏡で見ると、こんな感じだそうです。笑っているように見えると書かれてあります。確かに素朴なカエルの顔に近づこうとしていますね。

こちらに↓ありました










2009年6月に日本各地で「オタマジャクシが空から降ってきた」という現象
ですが。。。
驚きました。ソラの検索でおたまじゃくしを見てみますと、たくさん出てきまして、クロップサークル↓の解説までも出て来ました。
こちら↓に【2009年6月13日追記】とあり、にソラからおたまじゃくしが降って来たことについて解説されてありました。お礼の印だったと。。。

おたまじゃくしはお礼の印なのです。(石川県におたまじゃくしや小魚がソラから降ってくる)

お礼というのは、とても重大なことが起きる予定だったことが、変更になったことのようです。

またこちら↓には

おたまじゃくしがカエルになるのは人間と同じなので、 (カエルに似た物を) 作りました。
おたまじゃくしから (細胞分裂して) 手足が出てくる事を知らせたのです。

蛇とは違う、と言う事を知らせました」

とありました。

生物辞典の補足のような内容ですね。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

ソラが教えてくれたコキというカエル

ソラの検索でカエルを調べていましたら、こちら↓にコキというカエルが居ると書かれてありました。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051024205105

 

抜粋させて頂きます。

*)ここ(プエルトリコ)のコキというカエルは、おたまじゃくしにならないでカエルの姿で生まれてきて、

「コキ、コキ」ときれいな声で鳴きます。

この意味は

「イシカミが真実を伝えているので、おたまじゃくしにならなくてもいいのです。

コキのことが世に知られるころには、(卵から生物が生まれること=おたまじゃくしを知らせる)

 

細胞分裂で成長することは皆知っているからです」と。

コキの画像は、こちらからお借りしました。

http://www.jackshawaii.jp/coquisathilo/

 

サイズは小さめのようです。清々しい目がとてもて可愛いです。

Coqu2












Coqui(コキ)カエルたちの唄会

https://www.youtube.com/watch?v=9orIHTyHTT4

ホピッと言ってるようにも聞こえて、口笛のような奇麗な声で鳴くのですね!

吸盤も可愛いなぁ。。本当に癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

ソラが教えてくれたカエル

カエルがよく鳴くので気になっていた梅雨の時期もすっかり過ぎてしまい、そろそろ梅雨明けですが。。。

それで、カエルさんの記事は来年の梅雨の時期にアップしようかと思いましたが、それでも最近TVで”ど根性カエル”というアニメの実写版が始まりましたので。。

ということで、やっぱりカエルさんについて、ソラの生物辞典を検索してみました。

ありました(゚ー゚)こちらより↓
ヘビがイシカミに悪さばかりするのでカエルを作り、これをヘビの食べ物とした。カエルはイシカミの身代わりになって食べられ続けた。
カエルは丸い卵から、オタマジャクシ、次に足が出てカエルの形に変化をするのは、イシカミの丸い形からいろいろな形の生物に変化したことを伝えている。
とありました。
Boph1wzcmaarpzx







         画像はこちら↓からお借りしました。
         http://ja.klear.com/profile/frog_pic

そっか、身代わりか〜(ノ_-。)ご、ごくろうさん。。
そういえば、カエルだったかおたまじゃくしだったか、ソラから降ってきたという記事がありましたよね。。
ちょっと調べてみますね。

7月24日追伸
ありましたが、カエルのほうは、ドイツでの数千匹の謎の爆発というものでした。
こちらに↓この爆発の謎は
(カエルの爆発死)
イシカミがメンヒルなどせっかく作ったのに、あまりに長い間人間が気づかないので生まれ変わってカエルになり、ドイツのイシカミは遺跡を残さなかったので、せめてカエルでお知らせし様とした。。。
とありました。
学者さんでは、謎が解けないままとなっているようですね。
カエルでソラの生物辞典を検索しますと、たくさん情報が出てきます。
その中に”コキコキ”と奇麗な声で鳴く*コキ*というカエルが居ると書かれてありました。ということでコキについて調べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

ソラが教えてくれたイワシ

前回、イカをご紹介しましたが、今の季節イワシも店頭でよく見かけます。ということで、今日はイワシが気になったので、イワシについてソラを検索してみました。

イワシ
こちらより↓
岩=イシカミが死んだことを青身で知らせ、団体で丸くなってイシカミの形をあらわしている。

 
とありました。
イワシが丸くなってる様子は・・・
画像は、こちら↓からお借りしました。
18large









丸くなってるというのは、こんな感じでしょうか。
海の中で一層キラキラしていて、綺麗ですね。
こうやって見ると、生き物の名前や行動にも、深い意味があるのですね。
ソラの視点で、生物を見てみると、いろんな新らしい発見がありますね!


これらの情報は全て、こちらの↓サイトより抜粋させてもらっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

ソラが教えてくれたイカ

イカは烏賊と書くのですね。

検索で知りました。(゚▽゚*)

ということでソラの情報を見ますと
こちらに↓

イカはとても優雅に海を自由に泳ぎ、子育てに煩わされなく、生きることを楽しむ動物である。ソラのものが理想とした生き方とされる。タルイカはいつもつがいで行動し、片方が釣られると必ずもう一方も釣られるくらい仲が良い。
墨を吐くのは、見えない世界を信じない人は、脳が死ねば何も見えない真っ暗闇と思っているのでそれを知らせています。

タルイカ=アカイカ
とありました。
タルイカ=アカイカとあるのは、これは地域によって呼び方が違うようで、アカイカはソデイカとかタルイカと呼ばれるようです。色に注目するか形に注目するかで呼び方が違ってるようですね。

またイカが自由に泳ぐ姿は本当に癒されそうです。
クラゲなんかも、そんなイメージですが、生きてることを楽しむ・・・


最近いろんな事件が相次ぐ中、生きることを楽しむという言葉は、より一層、素敵なことのように感じます。
一生懸命生きている生き物や植物に教えられながら、進んで行けたらなと思いました。

画像はこちらからお借りしました。

Photo







これらの情報は全て、こちらの↓サイトより抜粋させてもらっております。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

ソラが教えてくれたラクダ

最近では、MERSというウィルスが韓国などを騒がせていますが、このウィルスは”ひとこぶラクダ”を食べる習慣のある中東から発生したということでした。

そこで、ラクダには”ひとこぶ”と*ふたこぶ*が居ますが、何故”ひとこぶラクダ”だけが感染源になってるのかな?と、ちょっと疑問になりました。
ということで、ソラの生物辞典にあったラクダについて見てみました。
 
こちらの情報に↓

ひとこぶラクダはイシカミをあらわしている。ふたこぶラクダは人を乗せるために作られた。
 

と”ひとこぶ”と*ふたこぶ*の役目の違いが書かれてありました。

*ふたこぶ*のほうは、現実にも人を乗せるためのものなので、食べたりしないのかな?と思いました

 
それで、”ひとこぶラクダ”だけが感染源になっていると報道されているのですね。。。
画像はこちらから↓お借りしました。
Rakuda













本当は、*ふたこぶラクダ*の方も、”ひとこぶラクダ”と同じようにMERS感染しているのでしょうか・・
それにしても、画像を見てより確認できますが、人が乗った時、二つこぶがあることで、とても安定感があって・・・本当によくできてるなと思いました。

画像はこちらから↓お借りしました。
800pxhovsgoltemee
 








それにしても、イシカミを表す”ひとこぶラクダ”が騒がれているのも、何か意味があるのかもしれませんね。

これらの情報は全て、こちらの↓サイトより抜粋させてもらっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

ソラが教えてくれた赤い水芭蕉

赤い水芭蕉は、こちら↓より

http://sora.ishikami.jp/jiten_life/index.php?id=20060703120409

赤血球をあらわし、白い水芭蕉は白血球をあらわすと。
白い水芭蕉はたくさん見るが、赤い水芭蕉が少ないのは、ザゼンソウと呼ばれるのが嫌だからと。

熱い温度 = 赤い水芭蕉(ザゼンソウ) は花が咲く時に25,6度の熱を発する。

とありました。

画像はこちらのサイトよりお借りしています。

Img_6

 







随分前ですが、尾瀬沼で白い水芭蕉を見たことがありましたが、赤い水芭蕉があるとは知りませんでした。
それに赤い水芭蕉だけがザゼンソウと名付けられてしまったのですね。

Img_5







これらの情報は全て、こちらの↓サイトより抜粋させてもらっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

ソラが教えてくれたひょうたん

ソラの生物辞典より↓
ひょうたんは、イシカミがあのような形に身体を変えることができたことを知ってもらうために作られた。
 
ということで、自宅にあったひょうたんに、顔を書きくわえてみました。。
なかなか可愛く仕上がりました。
Ishikami
















同じひょうたんでも、重力の関係でしょうか、いろんな形に仕上がってるようです。

Imgp2483_4











収穫前のひょうたんの形は、こちらです。(画像はお借りしたものです)可愛い形をしていますね。
Photo_3









これらの情報は全て、こちらの↓サイトより抜粋させてもらっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ソラが教えてくれたカボチャ